ステロイド、プレドニン、ネオーラル使用中でも使える育毛剤

ここでは病気の治療の為にステロイドや免疫抑制剤を服用、塗布している人でも使える育毛剤について書いてみます。

 

ハゲについて情報収集をしている中で知り合った人たちなのですが、

 

  • アトピー性皮膚炎でステロイドを塗布。頭皮にも塗っている。
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)でプレドニンを服用している。
  • 再生不良性貧血(AA)で、ネオーラルを服用している。

 

こういう方たちがいました。

 

大変な病気で、私も詳しくはわからないのですが、

 

薬の副作用で髪が抜けて薄毛になってしまう。強い薬を日ごろ飲んだり塗ったりしているので、育毛剤を使って良いのかわからず困っている」という事でした。

 

そこで、そういった副作用について、人体にどの程度の影響があるのか、無添加育毛剤の中でも最も優しいM-1ミストの製造会社に問い合わせをしてみました。
問い合わせ先は、M-1育毛ミストの製造会社「サラヴィオ化粧品」です。

 

M-1ミストは、無添加育毛剤の中でも特に身体への成分が優しいと思います。

 

サラヴィオ化粧品さんからの回答

 

そうしたところ、サラヴィオ化粧品からすごく丁寧な返事を頂きました。

 

M-1ミストは、ネオーラル、プレドニン(ステロイド)を服用している方でもご使用いただけます。
内服ではなく、ネオーラル、ステロイドの外用薬を頭皮に塗布している場合でも、M-1ミストをご使用いただいてかまいません。

 

アトピー性皮膚炎、特発性(免疫性)血小板減少性紫斑病、、再生不良性貧血、白血病、骨髄異形成症候群でもM-1ミストを使う事は可能です。

 

 

しかしこれは、医薬品との併用は構わないという回答にすぎず、医薬品による副作用「脱毛」へのM-1ミストの有効性は、正直申しまして、測り知り得ないとしか言い様がありません。

中略


眉毛と生え際の脱毛に悩む重度のアトピー性皮膚炎の方が、ネオーラルとステロイドによる化学治療中に、M-1ミストを使用されて、眉毛の脱毛、生え際の脱毛が改善したという例があります。
しかしこれは医薬品の影響による脱毛が改善したのではなく、アトピーによる脱毛が改善したというケースです。


中略


M-1ミストは重度のアトピー患者さんが使えるほどの「安全性」です。 一切化学薬品を配合していませんから、副作用の心配もありません。

 

非常に丁寧なお返事で、購入者の事をたくさん考えてくれるメーカーさんなんだな、という事がわかり、思わず目頭が熱くなってしまいました。

 

サラヴィオ化粧品からの返事のまとめ

 

  • ステロイド、プレドニン、ネオーラルを服用もしくは塗布中でもM-1ミストは問題なく使える
  • 元々の体質による薄毛には効果は認められるけれども、薬の副作用による脱毛に関しては有効かどうか未知数
  • アトピー性皮膚炎が原因で脱毛してしまった人が、M-1ミストを使って、アトピーによる脱毛が改善できた事例がある

 

アトピーによる脱毛に悩む人がM-1ミストを使っている事が多いらしく、そういう方々からのお礼のお手紙が日々届くのだとか。

 

サラヴィオ化粧品からのこの返事を、冒頭の3人に伝えたら、「自分たちの病気や薬への害がゼロの育毛剤であれば是非試してみたい」といって、3人とも早速M-1ミストを購入していました。

 

病気で苦しんでいる人に、軽くおすすめとは言えないのですが、もし気になるのであれば、同様にサラヴィオ化粧品さんに問い合わせを入れて見られても良いかもしれないですね。

 

とても親切な会社でした。

 

全額返金保証付の安全性の高い育毛剤 >>