プロペシア(フィナステリド)の育毛剤|驚異の効果について臨床結果でチェック!

プロペシア(成分名:フィナステリド)は、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制するための治療薬です。アメリカでは「のむ育毛剤」として認可され、日本でも厚生省に医薬品として認められ、病院で処方してもらえます

 

プロペシアの驚異の効果についての臨床結果

 

まずは、プロペシア(フィナステリド)の日本で行われた臨床試験結果を見て下さい。

 

ミノキシジル入り育毛剤

投与期間 1年 2年 3年

現状維持効果

40%

31%

20%

髪が増えた

58%

68%

78%

 

*検査対象者」20歳以上〜50歳以下の心身ともに健康な男性

 

実に、「抜け毛の進行がとまった」という人と「髪が増えた」と感じた人を併せると98%。実に多くの人がプロペシアでの効果を感じています。これだけを見てもかなりの効果があるというのは間違いないと思います。

 

プロペシアの副作用などの注意点

 

効果がある反面、プロペシアには、「肝機能障害、性欲減退、勃起不全(ED)、精液の質低下、発疹などの過敏症、乳房肥大、鬱症状、めまい」の副作用が想定されます(個人差がありますので必ずしもなるわけではありません)。ただし、プロペシアの副作用は、同じ育毛剤のミノキシジルに比べてそれほど強くはないかと思います。

 

(臨床試験では1mgのプロペシアで4%程度の副作用が確認されています。)

 

もし、半年以上使っても抜け毛が減らない、改善しないなど、効果が見られない場合は、薬があっていない可能性があるので、その場合は医療機関に相談する事をおすすめします。また、20歳未満の服用や女性の服用は出来ません。

 

 

プロペシアの料金。病院と輸入代行業者の値段比較

 

プロペシアは、AGAの治療薬として病院でも処方されていますが、保険が適用されません。薬代の他、医師の診察代など全額自己負担となります。ですので、もっと安く購入をしたい場合や、診察の手間を避けたい場合は、個人輸入代行業者を通じて通販で購入することもできます。

 

下記が、病院と輸入代行業者で購入した場合の値段比較です。

1か月分

病院で購入する場合

10,000円前後

輸入代行業者で購入する場合

6,000円前後

 

プロペシアは、基本、1日1粒毎日飲むので年間にすると約48,000円もの差が出ます。

 

私の場合は、費用を安くしたかったのと、仕事が休みの日にお医者さんへいって診察してもらう時間がもったいなかったので、輸入代行のプロペシアに切り替えました。

 

プロペシアを安心して購入できる輸入代行業者は?

 

海外から輸入する、となると偽物を買わされたり、購入時にトラブルがおこったり・・・・と少し敷居が高いですよね。特に身体に大きな影響を与える薬を購入する場合は、信頼できる業者選びが重要となってきます。

 

安心して購入できる輸入代行業者の選び方としては、成分鑑定を定期的に行っている成分鑑定書を確認できる「オオサカ堂」又は「アイドラッグ」の2社がおすすめです。

 

特にオオサカ堂は利用者が多く口コミが充実し、他社と比較して価格が安く送料無料というのも魅力的です。
成分鑑定も専門機関による抜き打ち検査を行っている事から、安心して買う事ができます。

 

ちなみに、オオサカ堂でプロペシアをチェックすると、アメリカ製、イギリス製、ニュージーランド製が出てきますが、これらは全て同じ製薬会社(MSD)のもので、製造国が異なるだけです。
値段の違いは為替や現地での人件費などによるものですが、薬の効果に差はありません。

 

プロペシアは絶対に試す価値のある治療薬

 

プロペシアは、医薬品と認められ、98%の人が使って効果を感じている治療薬です。髪が手遅れになる前に、ぜひ1度試してみる事をおすすめします。

 

病院へ行くのが大変だ、恥ずかしい、高い、という方は、利用者の多い輸入代行業者から正規品を買う事も可能です。

 

ジェネリック医薬品の育毛剤

 

合わせて、プロペシアと同じ成分を含むジェネリック医薬品をご紹介します。こちらは、プロペシアよりも値段が安いので、プロペシアはちょっと高いと思ったらこちらから試してみるのも良いと思います。
ジェネリック薬の特徴

  • プロペシアの半額程度で買える
  • 主成分は同じだが、それ以外の成分は異なる事がある
  • 品質、安全性については個々に検査は行われていない

 

ジェネリック医薬品の種類としては、新フィンペシア、エフペシア、フィライド、フィナバルドなどがあります。プロペシアの半額程度で買えるので、長い間継続して使い続ける点を考えると、これらのジェネリック薬品を使う、というのも選択肢の1つになるかと思います。