女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ

女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ

毎日シャンプーしているのに、頭皮が皮脂でベトついていることはありませんか?しかも抜け毛が目立つようなら、「脂漏性(しろうせい)脱毛」かもしれません。ひどくなれば皮膚炎を引き起こすこともある脂漏性脱毛についてまとめてみました。ぜひ、頭皮ケアにお役立てください!

 

女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ

脂漏性脱毛とは?

脂漏性脱毛とは「脂漏性皮膚炎」により炎症部の頭髪が抜けることで、「脂漏性脱毛症」とも言われます。脂漏性脱毛症はホルモンバランスが乱れることによって皮脂が過剰に分泌され、頭皮にある毛穴を塞いでしまうために脱毛する症状です。肉眼でも毛穴のつまりを確認することができ、つまりを除去すると毛穴に炎症が見られます。頭皮のベタつきや赤い炎症が見られる場合は、脂漏性脱毛症の可能性が高くなるので専門医の診察を受けた方がいいでしょう。

 

女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ
脂漏性皮膚炎は脂漏性脱毛症が悪化したもので、皮脂の分泌が活発なTゾーンや頭皮に起こります。頭皮に過剰な皮脂が分泌されると、その皮脂をエサにする常在菌が大量に増殖します。それらの常在菌が皮脂を分解するときに発生する遊離脂肪酸という刺激物質により引き起こされた炎症が脂漏性皮膚炎です。

 

脂漏性脱毛の原因と症状は?

前述した通り、脂漏性脱毛の原因は「皮脂」と「常在菌」により炎症が起こるためです。この常在菌は「マラセチア真菌」と呼ばれるカビの一種で、皮脂を大好物としています。つまり、皮脂の過剰分泌により大好物を求めるマラセチア真菌も過剰に増殖するということです。従って、皮脂を過剰に分泌する「ホルモンの乱れ」が根源的な原因と言えるでしょう。

 

主な症状は赤みやかゆみで、頭皮がカサカサします。悪化すると抜け毛が増えたり、かさぶたになったりすることもあります。炎症による脱毛では黄色い浸出液が見られ、毛穴のつまりによる脱毛では大量のフケが見られるのが特徴です。

 

女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ

  • 頭皮のベタつき
  • 大量のフケ
  • 頭皮のかゆみ
  • 刺激の強い食べものでかゆくなる
  • 頭皮が臭い

 

上記のような症状が見られる場合は、脂漏性脱毛症あるいは脂漏性皮膚炎の可能性があるので注意しましょう。

 

脂漏性脱毛の対策はある?

脂漏性脱毛を避けるためには、頭皮の皮脂を適正に保つ必要があります。つまり、皮脂があり過ぎても少な過ぎてもいけないということで、皮脂と常在菌のバランスが重要となります。

 

一般的なシャンプーは汚れ落ちがいい反面、必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあるので注意が必要です。すでに脂漏性脱毛の症状がある場合は刺激の少ないシャンプーや薬用シャンプーを使用し、炎症を悪化させないようにしなければなりません。最近では、フケの原因菌の増殖を抑えるシャンプーなどもあるので、自分に合ったシャンプーを見つけるようにしましょう。

 

女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ
また、お湯は汚れ落ちに効くからと、熱いお湯を使用するのは逆効果。なぜなら、熱いお湯は頭皮に刺激を与えてしまうからです。シャンプーの濯ぎには適温のお湯を使用し、洗い残しにも注意してください。さらに、髪を洗い過ぎると皮脂を過剰分泌させてしまうので、洗髪は1日に1回にしましょう。
さらに、頭皮の通気性を心がけるようにします。カビはジメジメしたところを好みますが、常在菌であるマラセチア真菌も同様です。通気性を考慮するなら、帽子などはかぶらない方がいいでしょう。仕事や紫外線対策で帽子をかぶる際には、ときどき帽子を脱いで頭皮に風を通すことを忘れずに!

 

脂漏性脱毛の予防はできる?

 

女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ
脂漏性脱毛の予防は、生活習慣の見直しから始めましょう。ストレスを解消し、十分な睡眠を確保して、ゆっくり身体を休めるようにしてください。

 

また、ビタミンB群や食物繊維を多く含んだ食事を摂り、脂肪分の多いナッツ類やスナック菓子は控えるようにしましょう。

 

オススメ食材は、ほうれん草、豆類、海藻類、タマゴ、きのこ類など。

 

ビタミンB群には皮脂の分泌を正常化する働きがあるので、積極的に摂るようにしてください。

 

もちろん、刺激物とされるタバコ、アルコール、コーヒー、味の強い食べものなどは、なるべく控えた方が賢明です。さらに、毎日の生活に適度な運動やリフレッシュできる環境を取り入れ、規則正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

 

女性のための頭皮ケア!知っておきたい「脂漏性脱毛」まとめ
予防の甲斐なく脂漏性脱毛症や脂漏性皮膚炎になってしまったけれど、どうしても専門医の診察を受けることができない場合は、応急処置として市販薬を使用するのも1つの方法です。市販薬にはかゆみや炎症に効果がある「抗ヒスタミン系外用薬」と「外用ステロイド」がありますが、どちらも常在菌であるマラセチア真菌の殺菌効果はありません。殺菌効果がある「抗菌剤」や「外用抗真菌薬」は専門医の診察が必要となるので、しっかり治療して再発を防ぎたい方は診察を受けるようにしましょう。

 

Check!まとめ

脂漏性脱毛は脂漏性皮膚炎に起因する症状となるため、皮膚炎の治療が優先となります。抜けてしまった髪は完治すれば元通りになるので安心してください。また、皮脂が少ない女性でもホルモンバランスの乱れにより脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症になるので油断は禁物です!

 

キレイな髪に戻りたい!ひこう性脱毛症とはどんな症状?
原因はストレス?多発性円形脱毛症は治る?

page top