育毛剤の正しい使い方

せっかくお金を掛けて育毛剤を使うのであれば、有効的に頭皮に塗らなければもったいないですね。

 

まずは頭皮に塗るタイミングです。

 

大事なのは、髪を作り上げる毛母細胞まで育毛成分を届けなければいけないことです。一般的に頭皮に塗った育毛剤の80%は流れ落ちてしまい、毛母細胞までの浸透率は20%程度と言われています。

 

しかし頭皮が汚れていて、毛根が詰まっているとこの浸透率のパーセントも低くなってしまいます。頭皮に育毛剤を塗る一番良いタイミングはお風呂上がりになります。お風呂でシャンプーをした後は頭皮の毛根に詰まった皮脂やフケ、ホコリなどが洗い流されていて、毛穴がスッキリしています。

 

この状態で育毛剤を塗ってあげると、毛根内部までシッカリと育毛成分届いてくれます。頭皮の汚れが多い場合はシリコンゴムなどで作られた育毛ブラシでシャンプーをすれば、シツコイ汚れもシッカリと毛根からかき出してくれますね。育毛剤を塗った後は育毛成分を頭皮に良く馴染ませ、浸透率を高めるように頭皮を優しくマッサージをします。

 

指の腹を使って頭皮を優しく掴み、皮膚(頭皮)を動かすようなイメージでマッサージを行ってみて下さい。

 

塗る時間帯も大事です。

 

髪の毛を生育する成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。

 

分泌される時間帯は夜の10時位から2時位までがピークになります。

 

この成長ホルモンが分泌されている時に育毛剤を使用する方が効果を発揮してくれますね。できるだけお風呂も9時位には入るようにして、10時前には育毛剤を頭皮に塗ることを心がけるようにしましょう。

 

脱毛の原因によっても育毛剤を選んで使うことは大事です。

 

育毛剤の正しい使い方

薄毛が進行してしまう原因は数多くあり、それに対応した有効成分も色々とあります。

 

原因としては、男性ホルモンや、頭皮の血行が悪くなることによる脱毛が多いです。ただ自分の脱毛の原因を判断することは困難ですね。チャップアップには、脱毛原因である男性ホルモンの一種ジヒドロテストストロンを制御できるオウゴンエキス、ヒオウギエキスが配合されています。

 

また血行を良くする、センブリエキスも配合されています。育毛剤を選ぶ大きなポイントには、このように様々な脱毛原因に対応できていることが大事ですね。この点からもチャップアップは育毛剤として大注目になりますね。

 

 

育毛剤を有効的に使うポイントは「塗るタイミング」「塗る時間帯」「脱毛原因に対応した育毛成分」

ただ自分自身で本人の脱毛原因の判断は困難ですね。
様々な薄毛原因に対応できる育毛剤(チャップアップ)を選ぶことは薄毛対策では大切ですね。