遺伝と薄毛の関係

遺伝と薄毛の関係

両親の家系に薄毛の人が多いと、今は髪の毛がたくさんあっても、やはり将来のことは心配になりますね。

 

薄毛は遺伝するのでしょうか。

 

昔から議論されていた内容ですが、現在の答えとしては、母方の父親が薄毛であれば、自分も薄毛になる可能性が高くなってしまうと言われています。もちろん全ての場合に当てはまり、薄毛になってしまうわけではないので、安心して下さい。薄毛が遺伝するのではなく、薄毛になりやすい体質、を受け継いでいるイメージですね。

 

遺伝子検査

現在では遺伝子検査で、自分が薄毛になりやすいのかどうかを調べることができます。薄毛専門のクリニックなどでよく行っていますが、家庭で調べることができるキットも販売されています。これは男性ホルモンの感受性(アンドロゲンレセプター)を調べることで、遺伝的に将来薄毛になる可能性が数値としてわかります。

 

仮に検査結果で将来的に薄毛になりやすいとの結果がでても、あまりネガティブに考えるのはやめましょう。ポジティブに考えれば、早い段階で薄毛対策を取れば十分な対応も取りやすいと考えれば大丈夫です。また反対に将来の薄毛の可能性が低いといった結果でも安心してはいけません。あくまでもこの検査は遺伝子的な薄毛発症の可能性を判断するもので、ストレスや食生活によっても薄毛は進行してしまうので検査結果が良くても安心しきっているのはダメですね。

 

遺伝子検査ではフィナステリドの感受性(フィナステリドが体質的に効きやすいかどうか)もわかります。AGA(男性型脱毛症)は薄毛で悩む人の天敵です。このAGAに効果があると言われているのが、フィナステリドです。男性ホルモン(テストストロン)は5αリタクターゼという酵素によって脱毛原因になるジヒドロテストストロンに変化してしまいます。フィナステリドはこの5αリタクターゼを阻害して薄毛にならないようにする薬です。

 

遺伝と薄毛の関係

ただ薬である以上、服用を続けることで副作用を心配される人もいます。チャップアップにはフィナステリド同様の働きがあるオウゴンエキスやヒオウギエキスが配合されています。これらは天然成分の為、副作用の心配も少なく安心して使える育毛剤です。

 

体質が遺伝するのと同様で薄毛も遺伝することは、残念ながら多いです。また現代医学では将来の薄毛の発症率まで、ある程度分かるのはやはり怖いですね。ただポジティブ考えれば早期で薄毛対応できる時代になったわけですから、これは(薄毛対策として)良いことかもしれませんね。