育毛剤で男性ホルモンを抑制する成分とこの成分が効きやすい薄毛のタイプ

薄毛の進行を促進させてしまう要因に男性ホルモンがあります。

 

育毛剤で男性ホルモンを抑制する成分とこの成分が効きやすい薄毛のタイプ

血液中の男性ホルモン・テストストロンは毛乳頭で酵素の一種である5αリダクターゼと結びつく事で、より強力なジヒドロテストストロンに変化してしまいます。ジヒドロテストストロンは毛乳頭で男性ホルモンレセプターと結合する事でTGF-β(退行誘導因子)を増やしてしまいます。このTGF-βは毛乳頭の増殖を制御してしまうので、その結果毛母細胞の活性化も制御されて薄毛が進行してしまいます。

 

またTGF-βの脱毛シグナルはヘアーサイクルを乱してしまい、成長期の期間を短くして後退期に短期で移行してしまい、まだ成長していない髪の状態で脱毛を促進させてしまいます。

 

このように男性ホルモンは色々な変化を遂げて脱毛原因になっています。AGA(男性型脱毛症)の原因もこの男性ホルモンの影響が大きいといわれています。

 

男性ホルモンの制御

AGAによって薄毛が進行しているタイプに人には、男性ホルモンを制御する事はとても有効的です。

 

男性ホルモンを制御する成分で有名なのが、フィナステリドです。テレビのコマーシャル「お医者さんに相談だ」もよく目にすると思います。5αリダクターゼを阻害する働きがあり、AGAによる脱毛症状を軽減させます。ただこの薬は男性専用であり、女性には使用禁止になっています。最近多くなっているF-AGA(女性の男性型脱毛症)には使えません。
またあくまでも「薬」であるので様々な副作用も考えられます。

 

この薬は服用を続ける事で効果が持続されると言われているので、肝臓の負担が増加する心配があります。また勃起不全や性欲減退などの性機能不全も言われています。やはりこれらの副作用が気になるのでフィナステリドの使用・服用を考えてしまう人も多いようですね。

 

チャップアップにはオウゴンエキスが配合されています。オウゴンエキスには、フィナステリドと同様に5αリダクターゼ大幅に抑制する効果が確認されています。もちろん天然成分なので副作用の心配も少なく、女性にも使用ができる成分ですので安心して使用できます。

 

チャップアップに配合されているオウゴンエキスにはフィナステリドと同様の働きが有ることが確認されています。

天然成分なので、薬の副作用が気になる方にはチャップはオススメですね。
またフィナステリドとは異なり、女性にも使用できるのはポイントが高い育毛剤ですね。