髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

髪の毛の健康に効果のある食品というと、海藻類を思い浮かべる人が多いかもしれません。海藻類に含まれるミネラルも髪の毛にとって大切な栄養素ですが、ほかにも、髪の毛の材料であるタンパク質のもととなる食品や、増毛のサポートをする食品があります。どんな食品が髪の毛の健康に良いのかを、お伝えします。

 

髪の毛にはどんな栄養素が多く含まれているの?

髪の毛の主な成分は、タンパク質です。タンパク質にもいろいろな種類がありますが、髪の毛の成分であるタンパク質はケラチンといい、18種類ものアミノ酸から作られています。

 

髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

髪の毛の90%をしめるのがケラチンです。そもそもタンパク質は、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類に分かれています。動物性タンパク質は、牛肉・豚肉・鶏肉といった肉類、イワシやサバなどの魚類や貝類、そしてチーズやヨーグルトといった乳製品に多く含まれています。

 

植物性タンパク質は、畑の肉といわれる大豆をはじめとする豆類、ジャガイモやサツマイモなどのイモ類、それから白米や小麦粉といった主食になる食品にも多く含まれています。これらのタンパク質を体に取り込むと、いったんアミノ酸に分解されてからケラチンを合成するのです。ケラチンにも2種類あり、オイケラチンと呼ばれる硬いケラチンが、髪の毛の成分となります。

 

髪の毛にとってどんな食材がいいの?

 

髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

髪の毛にいい栄養素は、髪の毛を主に構成しているケラチンの成分となるタンパク質がまず挙げられます。

 

タンパク質を多く含む食材は、前述のとおり肉類、魚・貝類、乳製品、豆類、イモ類、穀類です。けれども、これらはいわばケラチンを合成する材料といます。髪の毛を作るには、材料以外にも、ケラチンの合成に必要な成分があります。

 

その成分とは、ミネラルである亜鉛、ビタミンA、C、E、ビタミンB群。以下が、それぞれの成分が多く含まれる食品の中で、手軽に手に入るものです。

 

  • 亜鉛:卵、豚肉、牛肉、牡蠣
  • ビタミンA:鳥レバー・あまのり=焼き海苔
  • ビタミンC:パセリ・緑茶・あまのり
  • ビタミンE:緑茶・小麦・大豆油・コーン油・豆類
  • ビタミンB群:香辛料・米・豚肉・サケ(鮭)・タラ(鱈)・カツオ(鰹)・イワシ(鰯)キノコ類・コーヒー・とうがらし・シジミ・あまのり・いわのり・鳥レバー

 

髪の毛に良いタンパク源とは?

 

髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

髪の毛の健康のためには、タンパク質の中でも良いタンパク源を体に取り入れたいものですよね。良いタンパク源といえば、やはり筆頭は大豆。大豆は、日本で古くから食べられてきた食品だけあって、加工食品も含めると実に多くの食品で取り入れることができます。

 

大豆の素材そのものでいうと、枝豆やもやしも大豆グループの一員です。大豆をそのまま食べられる煎り大豆は、昔は子どものおやつでした。

 

大豆の加工食品では、例えば、豆腐、おから、納豆、湯葉などがあります。ほかには、飲み物としての豆乳、お菓子に使われる大豆の粉末・きな粉や大豆油。高野豆腐、厚揚げ、薄揚げ、がんもどきなどもあります。また、和食の代表的な調味料である味噌・醤油も、大豆の加工食品です。

 

髪の毛に良いミネラル!その食品は?

 

髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

髪の毛を健康に保つために良いミネラルは、亜鉛、ヨウ素(ヨード)です。亜鉛は、卵や豚肉、牛肉、牡蠣などに多く含まれています。亜鉛の働きは、体の中に取り入れたタンパク質からケラチンを合成するサポート。

 

牡蠣なら、20グラムほどの大きさのもので2個食べると、1日の必要摂取量が摂れます。ヨウ素は、細胞を成長させたり代謝を促進したりする働きがあり、髪の毛のツヤを良くします。ヨウ素が多く含まれる食品は、ダントツでこんぶ。ほかには、ひじき、わかめといった海藻類が上位を占めます。こんぶは、1日の必要摂取量が2グラムですので、それほど負担なく体に取り入れられそうです。

 

食べ過ぎには注意!バランスよく食べよう

 

髪の毛の健康に効果のある栄養素や食品

テレビでアーモンドが体にいいと放送されれば、スーパーでアーモンドが売り切れたりしますよね。トマトが体にいいと誰かがいえば、トマトが売り切れることもあります。

 

けれども、どんなに体にいい食品でも、そればかり食べ過ぎるのはNG。なぜなら人の体は、取り入れたさまざまな栄養素が複合的に作用して、生命活動を維持しているからです。1985年に旧厚生省が提唱した「1日30品目を食べよう」という栄養目標は、わかりやすいこともあって広まり、人々の栄養意識を高めました。

 

けれども、反面30という数にこだわって食べ過ぎる例が増加したので、厚生労働省は2000年に「主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスをよく」という表現に変更しました。髪の毛にいいといわれる栄養素が含まれる食品も同様です。

 

髪の毛の材料になるタンパク質を多く含む肉・魚貝・豆類・穀類、タンパク質の合成をサポートしたり髪の毛にツヤを与えたりするミネラルやビタミンを多く含む野菜や海藻類など、どの食品も、髪の毛の健康のためには大切なのです。

 

栄養素や食品には、これだけ食べておけば大丈夫、というものはありません。いろいろな食品の栄養素を少しずつ体に取り入れることが、健康の秘訣です。バランスの良い食事で、髪の毛の健康を保ちましょう。

page top